ネオギフトへの評価が悪い口コミ、検証サイトの特徴

コラム

ネオギフトへの口コミ

ネオギフトへのネガティブな口コミや調査記事を記載するサイトには分かりやすい特徴があります。
特徴的なネガティブサイト以外にも高評価にしていない口コミサイトも複数ありますが、これらのサイトは実際に調査した内容から表現を変えて「他の業者(そのサイトがおすすめする業者)よりは劣りますよ」などのように、ネオギフトを事実と異なる形で非難するのではなく、おすすめする業者を高評価(高評価が事実かは不明です)する手法です。
しかし、別記事でも紹介したネオギフトへの批判的な口コミや情報サイトでは、事実とは異なる内容で批判する手法であり、その内容やサイト自体の作りにも分かりやすい特徴があります。

口コミ比較サイトや現金化検証サイトからおススメされている業者は同じ店舗が重なる理由!

ネオギフトへの批判的な口コミ比較サイトや検証サイトなどの中でも事実とは異なる内容を記載して批判するサイトからおススメやランキング上位にされているクレジットカード現金化業者はほぼ同じ業者となっています。
もちろん、実際に高評価とされるべき手続き内容であるクレジットカード現金化業者であり、すべての口コミ比較サイトの評価基準が正しい物ならばこの同じ業者となることもあるでしょう。
しかし、クレジットカード現金化への口コミ評価の場合はほぼ100%、それらのおすすめやランキング上位にされている業者と何らかの係わりがあります
クレジットカード現金化専門の広告代理店や現金化業者自ら、または同グループの広告部隊などがサイト運営をしている形であり、その運営者の違いによって、おすすめやランキング上位にされる現金化業者は変わるのです。
クレジットカード現金化業者のグループ分けとしては大きく分けて3つにわかれるようで、5~10業者が所属する大きなグループが2グループとそれらの大手グループには属さない業者となっているようです。(大きなグループの中でも、責任者が数店舗を営業している場合もあります)
その様な形からクレジットカード現金化をインターネット検索を行うと大抵の場合は、2つの大きなグループが関わる口コミサイトが検索されます。
現金化を専門的に行う広告代理店が運営するサイトも、基本的には過去に現金化業者に勤めていた人物が多い為、過去に務めていた現金化業者グループに対して広告がメインとなっているようです。
現在、クレジットカードや業者名で検索上位に、現金化業者を実際に調べ上げたようなサイトも存在しています。
こちらのサイトはクレジットカード現金化業者だけでなくカードローンなどの、ネット広告を行う広告代理店が運営しているようなサイトもありますが、数多く存在する口コミ比較、検証サイトの中で数サイトのみと思われます。

ネオギフトを事実とは異なる形で低評価とするサイトの特徴

ネオギフトへの事実とは異なる形で悪評とする、幾つかの口コミ比較サイトや検証サイトには共通する内容があります。
別記事である「事実とは異なる悪質な表現で書かれる口コミサイトや情報サイト」でも記載した事となりますが、纏めると以下のような理由での低評価が同じ内容となっています。
■自作の口コミサイトでステマをしている
■ネオギフトの会社概要に代表者名の記載がない、また住所がライブハウス
■換金率が記載通りではなく低かった
■対応が非常に悪い
■クレジットカード情報を渡さなければならない

上記内容が基本あり、それぞれのサイトで1~2の理由を加えるようにしているようで、その低評価理由は
■振込みまでの時間が遅い
■悪徳業者と名高いビックギフトと系列店の可能性がある
■後から手数料が引かれた
等となっています。
改めてお伝えしておくと、この内容は、2つ理由である「自作の口コミサイトで」「ビックギフトと系列店の可能性がある」のみ可能性は否定できませんが、その内容は決して悪いわけではありません。
クレジットカード現金化業者の広告は比較サイトでの広告がメインである為、ステマと言う表現があっているかは不明ですが、書かれている内容が嘘や誇大でなければ口コミ比較サイトからの広告を悪評の一つとする事が正しいのかは分かりません。
又それを言ううならば他の全てのクレジットカード現金化業者も同じと言えます。
また、ビックギフトという業者と姉妹サイトであっても悪評の理由ではなく、「悪評高いビックギフトの姉妹店」というフレーズも、悪評としているのはそれらのネガティブ記事を記載しているサイト内の事ですので、それら2つの業者を同時に事実とは異なる内容で低評価しているだけの事となります。

高評価されている業者は同じ

ネオギフトを事実とは異なる形で低評価する口コミ比較サイトや検証サイトで「おススメ」や「ランキング上位」にされている業者は先の説明したように同じ業者となっています。
これらの業者は同グループの可能性が高く、グループ内で多くの口コミ比較サイトを量産していることで、その記事内容に真実味を与えています。
もちろん、クレジットカード現金化業界では口コミ比較サイトからの広告で集客を行うのが主流の為、この高評価の業者が同じことは不思議なことではありません!しかし、その記載されている口コミ比較サイトの記事内容などがあまりにも事実と異なることを、平気で書いているようなサイトの場合、その運営者および、なんらかの関係がある現金化業者自体も通常では考えれれない行為を平然と行う業者と判断することもできるため、個人的には係わりは持ちたくないものです。
参考までにこれらの口コミ比較サイトや検証サイトで高評価とされている代表的な業者は、
■あんしんクレジット
■おひさまクレジット
■新生堂
■換金館
■和光クレジット
■24キャッシュ
■アキバギフト
等となっています。

まとめ

多くの場合、クレジットカード現金化への口コミ比較サイトや検証サイトなどは、その広告からおススメやランキング上位にされている現金化業者と係わりがあります。
その上で、記載されている内容がどのような表現をしているのか等を見極めて運営者の人物像を見てみることも現金化利用の際には大切なのではないでしょうか。
あまりにも一般的な業種の口コミ比較では削除するような表現が多いようなクレジットカード現金化口コミ比較サイトなどを、そのまま信頼すると何らかのトラブルに巻き込まれる可能性も捨てきれません。