クレジットカード現金化業者の集客方法

コラム

現金化業者の集客方法
クレジットカード現金化の集客方法は一昔前までは、電信柱へのチラシや駅前での看板持ち、チラシ配布、新聞広告などが主だったものでしたが、現在ではインターネット上での広告が主流となっています。
中でも、GoogleアドワーズやYahoo!スポンサードサーチなどの検索ワードに対して広告サイトが広告欄に表示されるようにする方法と、口コミ比較サイトや現金化検証サイトなどを検索上位に表示されるように行う2つの方法が主流となっています。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)で利用者があるキーワードで検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告の事です。
クレジットカード現金化業者の場合は「クレジットカード現金化」や「ショッピング枠 換金」等の検索ワードを入力すると表示されるように設定しているようです。
多くの場合は2~5業者をランキング方式で紹介している、1枚ページのサイトが表示され、大まかな業者の特徴などを記載している形です。
クレジットカード現金化と言う業種から簡単にはリスティング広告の審査が通過しないことから、リスティング広告専門の業者に依頼している場合もありますが、多くの場合は現金化業者のグループ単位で広告を掲載しており、基本的な業者への情報は口コミ比較サイトや検証サイトと同じ内容となっています。
リスティング広告の費用はそのサイトの品質やキーワードとする言葉(単語)によって価格は変わりますが、一般的に使われるような言葉(単語)の場合は、ワンクリック600円~2000円ほどかかる事もあり、広告費用も決して安いものではありません。
その高い広告費を考えると、クレジットカード現金化に関してだけ言えば、換金率・還元率90%以上での取引は業者は赤字になってしまいます。
その為、高い換金率・還元率はあくまで客寄せのための数字と考えたほうが良いでしょう。

口コミ比較サイトや検証サイトでの集客

現在のクレジットカード現金化業者の広告手段として主流となっているのが口コミ比較サイトや検証サイトからの集客となっています。
インターネット上で商いを行う業種にとっては、Googleなどの検索でいかに上位表示されるかが集客に関わってきます。
他の業種の場合には自社サイトを上位表示させる工夫を行う他、第三者のアフェリエイト広告での上位表示を行うことで集客を行いますが、現金化業者の場合には、業者自体、またはグループ業者同士に何らかの関係性が有る形で口コミサイトや検証サイトの運営を行い、それらのサイトを検索上位に表示させることで集客を行います。
集客の為のサイトであることから、当然のように広告主に有利な情報を記載しているのが特徴であり、中にはライバル業者を攻撃するために事実とは大きく異なる内容を記載しているサイトも存在しています。
グループ業者の場合にはその資金力か人員の多さからか、量産体制で新しい口コミ比較サイトや検証サイトを作り、それぞれのサイトを検索上位に表示させるよう、いわゆるSEO対策を行っており、「クレジットカード現金化」や「クレジットカード現金化口コミ」または業者名を検索すると、多くの場合は量産された口コミサイトで埋め尽くされます。
一般の方にとって幾つかのサイトを確認して、同様の内容が書かれていると、事実ではないことも事実として伝えることができ、集客につながっていきます。

その他の集客方法

現在でもメール配信やファックス配信、新聞広告での集客を行っている業者も一部では存在するようです。
しかし、現在では個人情報の取り扱いが厳しくなったことなどから、メールやファックスでの広告集客はあまり行われていないのではないでしょうか。
また、新聞広告も一部の店舗型現金化業者などが行っている、ごくレアな形になっているようです。

ネット広告の落とし穴

先にも紹介したように、インターネット上で商いを行う業種にとっては検索上位に表示される事が重要であり、検索上位に表示されるサイトの情報内容によって集客数も大きく変わります。
一般的な業種な場合は健全にそれらのサイト情報を信じてみるのもいいかもしれませんが、クレジットカード現金化のように、一般的にはグレーな業種の場合にはそれらのサイト情報を鵜呑みにしてしまうと、実際にはそれら口コミ比較サイトや検証サイトに書かれているような素晴らしい手続きは出来ずに、苦い思いをしてしまうこともあるかもしれません。
ネット広告は、あるキーワードに関して有意義な情報が記載されるサイトが上位表示されると言われていますが、あくまでロボットでの検証であり、その内容が真実か嘘かの判断までしているわけではありません。
検索上位に表示させるSEO対策を極めた場合、その運営者が発信する情報がたとえ事実でなくても真実のように伝わってしまう事があることを利用者は忘れてはいけません。