電話対応の悪い現金化業者とは

コラム

問合せ対応
一昔前までのクレジットカード現金化業者の電話対応は非常に悪い物だったようです。
その理由として、以前まで闇金などを経営していた業者が現金化業者に業種替えを行い、以前のままの営業姿勢だったためや、スタッフ自体への教育体制が乏しい業者が多かったことが原因だったようです。
現在では多くの業者が乱立する競争が激しい業種となり、まともな電話応対すらできない現金化業は利用者が少なくなっている現状から、電話での口調や態度自体は立派な対応になっている業者が多くなっているようです。

口調が粗い現金化業者

先にも紹介したように現在では、クレジットカード現金化業者の電話対応の口調や態度は良くなっており、業者によっては一般的な業種と比べてもおかしくない電話対応を行う業者も存在しています。
もちろん、現在でも口調が荒い現金化業者も少数ですが存在しており、少し口調が荒いタイプとしては女性オペレーターの場合が多いようです。
一見、女性オペレーターは優しく話しやすいと思われがちですが、業種的に一般募集での女性スタッフを雇っている業者はほとんどなく、多くの場合は、現金業者グループの一店舗を任される代表者の知り合いなどが勤務していることが口調が悪くなる原因なのでしょう。
あくまで憶測の範囲ではあるため、「噂」程度の内容と思っていただきたいのですが、女性スタッフの場合、他のスタッフと違い知り合いと言う事から、しっかりとした教育が出来ていない事が多いようです。
また、一般社会での経験が少ない女性スタッフも多いことから、基本的な言葉使いが分からないことも理由の一つと言えます。

詳しい情報を教えてくれない

問合せでの口調や態度が悪いクレジットカード現金化業者は少ない現在ですが、対応が良い業者と判断できるかと言うと「微妙な場合」が現金化業者ではあります。
一般的な業種での問い合わせの場合は、聞きたい内容に関して濁した答えを返してくる業種は殆どありません。
その業種特有の専門的な言葉で問い合わせ者自体が理解できない事はあっても、価格に対しての質問は、質問内容が明確であれば答えてもらえるのが通常です。
クレジットカード現金化の場合でも一般的な業種と当てはめると、いくらの決済で手元にいくら振り込まれるかを明確に教えてもらえることが通常であり、その質問は申込しないと伝えられない理由は何一つありません。
しかし、現在でも申込みを行うまで、または、申し込みを行い手続き完了後にならないと実際の換金率や還元率を教えてくれない現金化業者は多く存在しています。
問合せの電話は受けるが、肝心の知りたい内容(特にお金に関わる事)を教えてもらえない場合、いくら言葉遣いが良くても「電話対応が良い」とは言えません
運営がある程度長い現金化業者は色々な理由をつけて、申し込みを行わないと実際の換金率・還元率を教えない理由を説明しますが、正直なところその理由は、あくまで業者側の言い訳であり、理由として通る内容ではありません。
そのため、手続きするうえで一番大切ないくらの決済で、いくら振り込まれるかを明確に、又、手数料が掛かる場合にはその明確な手数料の内容を教えていただけない現金化業者は「電話対応の悪い現金化業者」といえます。

手続き内容にも不安が残る

問合せの段階で金額面の質問を答えない理由の多くは、その業者のサイトに記載されている、または、その現金化業者を高評価している口コミ比較サイトや検証サイトなどの記載内容と異なっている事が理由です。
高い換金率を見て、換金率の高さで興味を持ち、問合せを行った利用者を、実際の換金率を伝えることで逃してしまわない為に、実際の振込み金額を伝えない営業姿勢はあまり褒められるものではありません。
この誇大広告と事前の金額提示を行わない現金化業者を利用することで何か不利益になるような事態が起きてしまうことも否定できず、手続きをすること自体、不安が残ります。
過大広告での客引きまでは現金化業者では普通と多めに見ても、最低でも問い合わせの段階で正確な答えを出してくれない業者の利用は避ける方が安全でしょう。