ネオギフトは見掛け倒しの宣伝をしているのか?

コラム


ネオギフトは「自社で手がける口コミ比較サイトで見かけ倒しの宣伝をしている現金化業者」と言う内容記載の情報サイトがありますが、このサイトに限らずネオギフトへの批判的な口コミや情報サイトの多くに同じような内容があることが多いようです。
その理由の多くは一部の口コミ検証サイトでネオギフトへの評価が高いことを指摘しているようですが、これら批判的なサイトが記載しているように「見かけ倒し広告で宣伝している現金化業者」なのでしょうか?

現金化業者の多くは自社が手がける口コミサイトと運営しています

ネオギフトに関しての評価が高い情報サイトは幾つか存在します。
ネガティブな意見の情報サイトが指摘している口コミサイトはそのうちの2・3サイトを指しているようですが、こちらのサイトが実際にネオギフトが運営しているサイトかの真相は明らかではありません。
これらネガティブ情報サイトから指摘されている、口コミサイト以外でもネオギフト以外の他の業者をおすすめしているが、全体的におすすめ業者以外の評価も実際に調査した内容をそのまま記載しているような情報サイトでは高評価となっている物も存在する為、すべてをネオギフトが運営しているのか?まで真相を突き止めることができません。
しかし、別記事でも記載したように、クレジットカード現金化業者への口コミサイトや情報サイトは、何かしら業者とつながりがあることが多いのも事実です!
そして、その意味ではネオギフトを批判している口コミサイトや情報サイト自体も他の業者(そのサイトがおすすめしている現金化業者)と何かしら関係があるサイトであり、その自信のサイトを差し置いて、悪意ある言葉でネオギフトのみ批判すること自体を批判すること自体、おかしな内容だと思います。

見掛け倒しの広告とは?

「見掛け倒し」と言う言葉を辞書で調べると「外見は立派であるが、中身がそれに伴わない悪いものであるさま。外見だけが一丁前であるさま。 」と説明されています。
「自社で手がける口コミ比較サイトで見かけ倒しの宣伝」をこの意味合いに当てはめると、立派な口コミ比較サイトを運営しているがネオギフトの手続き内容がそぐわないとなります。
ネオギフトが運営しているか否かは別として、口コミ比較サイトに書かれている内容と、実際のネオギフトの手続き内容が違う場合には、ネガティブな情報サイトが指摘しているように「見かけ倒しの宣伝」となります

ネガティブな情報サイトの見解

このネオギフトへのネガティブな見解を行う情報サイトでは自信の電話問い合わせを元に記事を作成している構成です。
その内容では換金率に関して、ネオギフト記載内容の換金率1万~29万=80%、30万以上が82%の事を記載してうえで、電話問い合わせを行ったところ「自信たっぷりに事実だと言っていました。」と記載し、続けて「但し、クレジット決済額5万円以下だと振込手数料が一律150円かかるそうです。」と記載しています??
ネオギフトのサイトを確認すればわかる事ですが、5万円以下の申し込みの場合は、振込手数料500円を引かれるとの記載があります・・・サイト記載内容より安くなっていません?後から150円ではなく500円引くよ!と言う流れにしたいのでしょうか?実際には当サイトでの調べでも、そのような回答はされたことが無く、ネオギフトのサイト記載通りの500円引かれる事をしっかり説明されましたが?
この時点でしっかりと調べた内容ではなく適当に作り上げた記事の匂いがしますね!
続けてこのサイトでは「ネオギフトの契約内容に関しては違法性があるかも」との指摘をしています!
その理由が「キャッシュバック方式なのに契約者は納品をすることがありません。」と言う事となっていますが?ネオギフトはキャッシュバック方式では無く、買取方式のため、憶測での記事になっているようです?
ちなみですがこのネガティブ情報サイトがおすすめ業者の多くはキャッシュバック方式であり、当サイトでの調べでは決済作業自体をそれらの業者自体が行う手続きの為、全てのクレジットカード情報を渡さなければならない、非常に心配な手続きですが、そのことはおすすめされる業者の検証では一切触れておらず、ネオギフトの身分証明書の検証の際には、一部の情報を隠して送る事すら、危険なような表現をしているのも不思議な点です。
これらのふわっとした曖昧な記事にもかかわらず、記事内容で締めくくる言葉が「ネオギフトは自社で手がける口コミ比較サイトで見かけ倒しの宣伝をしている現金化業者ということもお分かりいただけたかと思います」となっていますが、正直なところ、この内容では見掛け倒しとは言えないのですが・・・

高評価の口コミ比較サイトの記載されている内容とは

ネガティブな情報サイトで「見掛け倒しの宣伝」と指摘されている、口コミ比較サイトの記載内容を確認すると、正直なところ多くの情報は記載されておらず、強調されているのは「ネオギフトは、記載どおりの還元率で、振込金額・決済金額などを明確に提示してくれる数少ない業者となります。」との文章通りで、「換金率が90%だった」などの事実とは異なる大げさな表現はされていません。
正直なところ、この記載されている内容はネオギフトのサイトに書かれていることと、実際も変わりませんでしたという内容であるため、ネガティブな意見の情報サイトが指摘するような「見掛け倒しの宣伝」には全くあてはまりません。

ネオギフトは見掛け倒しの宣伝をしているのか?の結論として

ネオギフトに限らず、略すべてのクレジットカード現金化業者はネットを使った広告を行っています。
その方法は様々ですが、ネオギフトを高評価するサイト自体がネオギフトが運営しているサイトかは分かりませんが、少なくとも記載内容は「大げさな表現」や「事実とは異なる事」は書かれていません。
書かれている内容もネオギフトのサイト内に書かれている通りでしたと言う内容です。記載通りが「見掛け倒しの宣伝」とネガティブに低評価をする情報サイトでは、記載通りに真っ当に営業されては困る何か理由があるのではないかと考えてしまい、その理由を推測すると、それらの「ネオギフトにネガティブな評価を書いている情報サイトからおススメされる業者が、誇大広告を行っている」からなのかもしれません。