クレジットカード現金化の基本知識

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは

クレジットカードを利用して現金を手に入れる方法をクレジットカード現金化と呼びます。
クレジットカードのキャッシング枠での借入ではなく、買い物や食事の際に利用する、ショッピング枠を利用して現金を手に入れる行為ですが、多くの場合はキャッシング枠などの枠が限度を越してしまい、現金借入が出来ない人達が利用するようです。
自らブランド品やチケット類をクレジットカードで購入し、質屋やチケットショップに買い取ってもらう事で現金化を行う事も可能ですが、換金率が低くなってしまう事やカード利用停止のリスクも高い為、多くの場合は専門業者を利用して行います。

現金化の種類

クレジットカード現金化業者の現金化を行う方法は2種類あります。
一つ目は現金化業者指定のブランド品や家電製品、Amazonギフト券などを購入して買取りしてもらう「買取方式」です。
現在の主流はAmazonギフト券の買取が主流となっており、メールでの受け渡しが可能なことから、荷物の受渡の必要がなく、即日には振込みまで完了することがメリットです。
また、その方式の特性上、通常の質屋やチケットショップでの内容と変わりがない為、リスクが少なく安全な取引ができることが特徴と言えます。
もう一つの方法は業者指定商品を購入することでキャッシュバックとして現金を受け取る「キャッシュバック方式」です。
多くの場合はパワーストーンなどを購入しキャッシュバックをしてもらいます、購入商品の受け取りなどの手間があるものの、カード決済後すぐに振込み作業まで行ってもらえるため、申し込みから振込みまでの時間が速いことが特徴です。
ただし、過去にキャッシュバック方式での業者の逮捕事例があり、トラブルに巻き込まれるリスクは買取方式よりも高い方法とも言えます。

現金化の注意点

クレジットカード現金化は買取方式、キャッシュバック方式共に法律的には違法と言い切ることはできません。
しかし、クレジットカードを発行するカード会社の利用規約には反している行為である為、カード会社に現金化がバレてしまった場合には、最悪の場合にはカード利用停止になってしまう事や、利用金額を一括返済を求められることもあります。
また、法律上は違法ではありませんが、過去には現金化業者が摘発された事例もあり、その理由は現金化行為そのものを罰せられたわけではありませんが、業者が逮捕されることでカード会社に現金化の事実が伝わってしまうなどのリスクもあります。

現金化業者の逮捕事例

クレジットカード現金化業者の過去の逮捕された多くは出資法違反や貸金業法違反という理由となっており、闇金業者の扱いでの逮捕となっています。
キャッシュバック方式での現金化業者が、価値の無い商品に対してキャッシュバックを行っていたことで、貸金業と判断され、その還元率も非常に安い率だったため出資法違反とみなされたものやで、こちらの業者はあまりにも安価な商品でキャッシュバックを行った事や、購入商品を送る作業も行って行っていなかったことが原因ともいわれています。
また、最近では店舗設置の決済端末を利用して架空売買を行った詐欺容疑での逮捕や、現金化業者が脱税容疑で逮捕されたことにより、クレジットカード現金化業者逮捕と言ったニュースになった事例も存在しています。
買取方式の現金化業者の中でも、自らの店の商品をカードで購入をさせて、買い取る方式を行っていた業者が逮捕された事例もあります。
この事例は買取り方式とうたっていた物の実質的にはキャッシュバック方式であり、そのシステムが貸金業と判断され、出資法違反での逮捕となっています。
ここまでの事例で分かるように、脱税や詐欺といった業務内容以外での逮捕事例は、実質キャッシュバック方式での業者であり、多くのキャッシュバック方式での現金化業者が問題ない行為と謳ってはいるものの、リスクが少ない方式とは言い切れないでしょう。

安全な現金化を行うには

カード利用停止や余計なトラブルに巻きまれない様に現金化を行うためには、優良な現金化業者を見つけ出すことが大切です。
しかし、クレジットカード現金化への口コミ比較や情報サイトの信用度は一般的な口コミ比較サイトなどとは異なり低い為、優良店を探し出すためにはある一定のルールをもって探し出すことが必要でしょう。
以下の内容など参考にしてみてください。
⓵口コミ比較サイトや情報サイトの情報を見る際には、一番良い評価の業者と悪い評価の業者、それぞれに電話問い合わせをしてみる
⓶問い合わせの際には必ず、いくらの決済でいくら振り込まれるのかを確認する
⓷業者サイトに書かれている内容に偽りがないかを確認する(たとえ特別に高い還元率で現金化が出来たとしても記載内容に偽りがある場合には、その運営スタイルからトラブルに巻き込まれる可能性もあります)
⓸キャッシュバック方式の場合は自身で決済作業を行う業者であり、クレジットカードの全ての情報を送る必要がある業者、購入商品が送られてこない業者などは避ける